けんたぽの関西食べ歩き 雑日記

旅の記録や美味しいお店の記録 主に関西で食べ歩きしています。

旅のお供におすすめのカメラ 

旅にカメラは必要?

f:id:kehtapo1984:20170827154042j:plain
皆さんは旅行するときにカメラは持って行きますか?最近はスマホの画質もよくなってきているので、わざわざカメラ持って行かない人も増えていると思います。

私はというと、かつては海外旅行に行くときでも一眼レフ一台にミラーレス一台を持って行っていくぐらいカメラ小僧でしたが、今はそこまでの情熱がないのと、やっぱり重いし、でかいのでよっぽど撮りたいものが有るとき以外はスマホもしくは、軽量なミラーレス一眼に単焦点レンズを組み合わせることが多いです。

そもそも本当に作品作りをするのではなく、記録目的やインスタやブログに載せる程度なら、わざわざ重たい機材運ばずとも今はそこそこ手頃な価格かつスマホでの撮影に比べると明確に差があるカメラがたくさんあります。今回はそんな旅におすすめなカメラをデジタルカメラ、ミラーレス一眼、一眼レフの3種類のカメラタイプからそれぞれオススメのカメラを選んで行きたいと思います。

旅に持って行くカメラに重要な3つの点

①軽量であること
撮影目的の旅でなければ、やっぱり軽くてコンパクトなことが何よりも優先されると思います。

スマホに比べて明確に高画質であること
わざわざカメラ持ってくんだったらやっぱり、スマホとは違うなとわかる画質で撮影したいですよね。特に室内などの暗い場所や、明るいところと暗い場所が混在している場所なんかはスマホでは厳しいです。

③できれば防滴であること
 旅先で常に天気がよいとは限りません。そんな時多少の雨なら問題のない防滴機能付きのカメラやレンズであれば心配が減りますね。

旅に連れて行きたいデジタルカメラ

デジタルカメラは、レンズ交換式と違ってレンズの交換はできませんが、その分コンパクトですし、エントリーモデルの一眼のキットレンズよりも良いレンズがついているものも多いです。欠点としてはバッテリーの持ちがよくないので、たくさん撮影する人は予備バッテリーがほしいところですね。

SONY Cyber-shot RX100 III
まずデジタルカメラでオススメしたいのはこのカメラ。1インチのイメージセンサー(車でいうエンジンに当たる部分、大きければ大きいほど基本高画質)にツァイス製の高性能な明るいレンズで暗所にもそこそこ強い。レンズは広角側が24mmと広く写せるので、室内を広く撮影したい時にもよいです。さらにEVFという電子ファインダーもついているので、屋外で液晶画面が見づらい時でも撮影がやりやすいですね。

電子ファインダーが必要ないのであれば初代のRX100が、お値段がお求めやすくなっています。

旅に連れて行きたいミラーレス一眼

ミラーレス一眼の魅力は軽量コンパクトかつ、レンズ交換ができること、レンズ交換して超広角レンズでとれば、ヨーロッパの教会の内部を広く撮ることも可能になります。
f:id:kehtapo1984:20170827163254j:plain

オリンパス OM-D E-M5 MarkII

オリンパスは女性に人気のあるミラーレス一眼のメーカーですね。こちらのカメラは防塵・防滴構造で雨にも強く、強力な手ぶれ補正がカメラに備わっています。またデザインもクラシカルかつモダンで所有する喜びを感じさせてくれる1台だと思います。オリンパスマイクロフォーサーズという規格を採用していて、SONY富士フィルムのミラーレスに比べるとイメージセンサーが小さいですが、その分カメラとレンズが小型です。

SONY α6000
SONYは最近ミラレーレス一眼でシェアをすごい勢いで伸ばしています。フルサイズという大きなイメージセンサーを持つ機種が売れていますが、高価でレンズが少し大きいので、APSCというサイズのイメージセンサーを使用したカメラをおすすめしたいです。
α6000は防塵・防滴ではありませんが、手振れ補正がついている他、非常に素早いAFが魅力です。

旅に連れて行きたい一眼レフ

一眼レフの魅力といえばレンズ交換できることと、なんといっても光学ファインダーがついていることです。やっぱりファインダーを覗いて撮影すると、気分が盛り上がってきます。またミラーレス一眼に比べてバッテリーの持ちが良い点も魅力的です。短所としてはやっぱり大きく、重たいことですね。

PENTAX K-S2
PENTAXニコンやキャノンに比べて地味な存在ですが、日本で初めて一眼レフを開発したメーカーです。PENTAXの何がオススメかと言うと、ほとんどのカメラが防塵・防滴で、レンズも多くが防滴構造を持っていることです。さらに一眼レフの中では軽量・コンパクト手ぶれ補正もついてます。さらにエントリーモデルでも見やすいファインダーがついており、コストパフォーマンス抜群なんです。キャノンやニコンのエントリーモデルに比べるとPENTAXのエントリーモデルははるかに高機能なことに驚かされます。短所としてはレンズが少ないことが挙げられますが、基本的なレンズはもちろん揃っているので旅カメラとしては問題ないと思います。

このK-S2もエントリーモデルとは思えないスペックのカメラで、コンパクトなボディに防塵・防滴で、手振れ補正バリアングル液晶がついてきます。またカラーリングも3種類から選べるのも魅力ですね。PENTAXはカメラの操作性もわかりやすくて良いので本当にオススメです。


最終的には好きなデザインで選ぶのもあり

以上デジタルカメラ、ミラーレス一眼、一眼レフからオススメの旅カメラを紹介しましたが、もちろんこれ以外にも素晴らしいカメラはたくさんあるので、自分の感性に合ったカメラを選ぶのが良いと思います。カメラってデザインも重要で気に入ったデザインのカメラだと、持ち運ぶ気にもなるのでデザインだけでカメラも選ぶのもありだと思います。
今回は価格が高いことから選外にしましたが、個人的には富士フィルムX-T2のデザインが好きでいつか欲しいなと思っています。富士フィルムはレンズも豊富で画質も良いですよ(少々お高いですが^^)