けんたぽの関西食べ歩き 雑日記

旅の記録や美味しいお店の記録 主に関西で食べ歩きしています。

結婚のお祝いに悩んだ結果選んだ「山田硝子」のグラス

結婚のお祝いって難しい

最近、大学の時の後輩が結婚しましてお祝いを送ることにしたんですがこれが結構悩みました。後輩は私の結婚式には来てくれていたのですが、今回式は身内だけなので呼ばれていません。なのでそれなりの物を贈りたいとおもったのですが、ありきたりのものを贈ってもつまらないし、かといっていらないものでも困るし、贈り物って、贈る側のセンスを試されているようで悩みますよね。「商品券」や「旅行券」なども考えたのですが、何となく味気ない気がしていろいろと探してまわりました。

選んだのは「山田硝子」のオールドグラス桜

「山田硝子」は江戸切子を東京の職人の町墨田区で3代にわたってつくり続けています。二代目の山田輝雄氏は、「日本のガラス展」の大賞のほか、数々の賞を受賞した名工です。現在はその息子の真照氏が、三代目として工房を切り盛りされています。
f:id:kehtapo1984:20171009213234j:plain
今回贈り物に選んだのはこちらのグラスですが、山田硝子の作品って、よくある江戸切子の直線的な模様ではなくて、曲線が使われていて、優しい雰囲気なのが気に入りました。固い硝子の上に曲線の模様を描くのはかなり技術のいる工程らしく山田硝子の技術力の高さが伺えます。またこの商品は桜の模様と色がなんとも奇麗で一目ぼれしてしまいました。正直自分の家用にも2色買おうか悩み中です。お値段もひとつ8,964円というのは妥当だと思います。
オールドグラス桜を購入

他にも今治タオルや髙橋工芸のコーヒカップを検討

今回購入することにした山田硝子のグラス以外にもいくつか検討したものがあります。一つは高級タオルで有名な「今治タオル」です。
高いタオルって自分ではなかなか購入しないですけれど必ず使うものなので、お祝いによいかなとおもったのですが、今回はグラスの方が気に入ったので見送りました。

もうひとつ検討したのは、旭川クラフトで有名な髙橋工芸の珈琲カップです、こちらの商品はかつて母の誕生日に贈ったことがあるのですが、木の質感が素晴らしく、母も大変気に入ってくれました。ただ今回は結婚祝いということを考えるとグラスの方がインパクトがあるかなと思い見送りました。


最終的には自分が欲しいと思った物を贈る

今回結婚祝いでいろいろ悩んだのですが、最終的には自分だったら何をもらったら嬉しいかを考えて選びました。もちろん後輩の趣味や性格なども考えてのことですが、自分でも買いたいと思うような「思い」のつまったものが一番よいのではないかと考えたのです。皆様もお祝いの贈り物などでは悩まれると思いますが、少しでも私の「選択」が参考になれば嬉しいです。