けんたぽの関西食べ歩き 雑日記

旅の記録や美味しいお店の記録 主に関西で食べ歩きしています。

島根へひとり旅 その③ はたご小田温泉

月山富田城跡を見た後は、この日の宿である、出雲市のはたご小田温泉へ

 

安来市から大体1時間ちょっとで到着しました。

 

f:id:kehtapo1984:20181119124740j:plain

はたご小田温泉は対象11年創業の老舗の温泉旅館

全7室の小さな旅館です。

f:id:kehtapo1984:20181119132150j:plain

 

f:id:kehtapo1984:20181119124932j:plain

ロビーの雰囲気こちらのお宿はご主人が芸術家なのもあって館内いろんなところに、絵画や陶器などが置かれていて小さな美術館のような雰囲気です。

 

f:id:kehtapo1984:20181119125107j:plain

この日の部屋、お部屋にはこの蘭の間に使われているタイルがたくさん使用されています。

f:id:kehtapo1984:20181119130459j:plain

f:id:kehtapo1984:20181119125217j:plain

お部屋です。一人で泊まるには十分な広さ 奥に小さなお部屋があります

 

f:id:kehtapo1984:20181119125225j:plain天窓がついたお部屋、空が眺められるようになっています。

ここにお布団を引いてもらい寝ることにしました。

 

f:id:kehtapo1984:20181119132321j:plain

お茶菓子

f:id:kehtapo1984:20181119132334j:plain

浴衣とお風呂セット

館内はスリッパはなく、素足のままでOKなので、足袋が入っています

浴衣はロビーで選ぶこともできますよ。

f:id:kehtapo1984:20181119125352j:plain

最近改装されていたようで、トイレは最新のウォシュレット

f:id:kehtapo1984:20181119125646j:plain

洗面所 必要なものはしっかりとあります。

 

f:id:kehtapo1984:20181119125721j:plain

この日は二組だけの宿泊で、一番乗りだったため早速一番風呂に向かいます。

館内はレトロな雰囲気で癒されます。

f:id:kehtapo1984:20181119125809j:plain

お風呂の入り口、男湯と女湯は入れ替え制

入り口もセンスが良いですね

f:id:kehtapo1984:20181119125919j:plain

脱衣所にも絵が飾られています。

f:id:kehtapo1984:20181119130043j:plain

タイル張りののお風呂

大きな内風呂ではありませんが、雰囲気がよく清潔なお風呂場です。

お湯は源泉掛け流しではありませんが、メタケイ酸を含んだお湯は、柔らかな肌触りで、一人で長湯してしまいました。

f:id:kehtapo1984:20181119130322j:plain

シャンプーなどはオルビスのものが使用されていました。

 

f:id:kehtapo1984:20181119130645j:plain

お風呂に入って、だらだらした後は夕食に向かいます。

宿泊棟の隣にお食事所 「茶寮 清泉亭」があり、レストランとしても営業しているようでした。

f:id:kehtapo1984:20181119130938j:plainお品書きです。日本海が近いだけあって、お刺身は流石に美味しかったです。自家製の甘酒はお米の粒が残っていて、すっきりとした飲み心地

 

f:id:kehtapo1984:20181119131133j:plain

かぶを使ったものですが、これがやたらと美味しかった記憶があります。料理旅館と言うだけあって、優しい味付けなのですが、どの料理もだしが美味しかったです。

f:id:kehtapo1984:20181119131338j:plain

こちらは銀タラ これも美味しい

f:id:kehtapo1984:20181119131403j:plain

島根和牛を煮たものです。牛肉がとろっとろでした。

f:id:kehtapo1984:20181119131502j:plain

うどんの入ったお鍋、出汁が非常に美味しく、いくらでも飲めそうなお味

全体的に派手さはないですが、地元の食材を使っており、どれも美味しい料理で、地方の温泉旅館の料理としては個人的に理想的です。

f:id:kehtapo1984:20181119131744j:plain

炙りさわらをポン酢で 

 

f:id:kehtapo1984:20181119131825j:plain

最後にご飯をいただきます。味噌汁もお漬物も美味しかった。

 

f:id:kehtapo1984:20181119131934j:plain

デザートも自家製

酸味のあるケーキで食後にあっさりとした口味で、良い感じです。

 

f:id:kehtapo1984:20181119132525j:plain

翌朝再び、朝食を食べに食事所へ

 

f:id:kehtapo1984:20181119132559j:plain

シンプルな朝食ですが、どれもこだわりがあって美味しかったです。

f:id:kehtapo1984:20181119132851j:plain

こちらはおにぎりの上にちりめん山椒が乗った、お茶漬けです。

個人的にこれがめちゃ美味しかった。

f:id:kehtapo1984:20181119132611j:plain

シロップのようなもので漬けた栗

大粒で美味しい

f:id:kehtapo1984:20181119132629j:plain

夕食時は暗くてわかりませんでしたが、池なんかもあったんですね。

f:id:kehtapo1984:20181119132654j:plain

チェックアウトして、靴を履こうと思ったら、このような手紙が置いてありました。

こう言う心配りは嬉しいですね

 

はたご小田温泉小さいお宿ですが、温泉もよく館内はセンスよくまとめられており、料理も美味しい、期待以上のお宿でした。今回はひとり旅応援プランで宿泊したのですが、ひとり旅なのに割安に宿泊もできて大満足でした。

一休ではたご小田温泉を予約

楽天で予約 はたご小田温泉

島根へひとり旅 その② 月山富田城跡

足立美術館の次に訪れたのは、戦国時代尼子氏の本拠地となっていた月山富田城跡を訪れました。
足立美術館から車で10分程度で到着しまし。

月山富田城鎌倉時代に作られた山城ですが、有名なのは戦国時代尼子市が居城としていた時です。大河ドラマなんかだと毛利元就の時に尼子市の最盛期を築いた経久を緒形拳さんが熱演されていたのを覚えています。
尼子氏はその後毛利市に滅ぼされてしまいますが、山中鹿之助という武将が、お家の再興を目指して毛利氏と戦った歴史が有名で、山中鹿之介の像が月山富田城にあります。


月山富田城跡は下に道の駅があり、そこから登り始めましたがもう少し上にも駐車場があったので、そちらからのほうが楽そうでした。

こちらは登り始めてわりとすぐに着く山中鹿之介の像です。
f:id:kehtapo1984:20181115163855j:plain
月に「我に七難八苦与え給え」と祈った逸話が有名で、この像も月に祈っているところでしょうか

f:id:kehtapo1984:20181115164247j:plain
月山富田城跡の道は頂上の本丸までかなり整備されており、急勾配な場所もありますが、軽装でも問題はないです。足立美術館がたくさんの人だったのに対して、5名ほどしか出会わず、静かな雰囲気が味わえます。

f:id:kehtapo1984:20181115164537j:plainf:id:kehtapo1984:20181115164553j:plain
中腹にある御殿があった場所、ここまでは比較的楽に登ることができますが、ここから本丸に向けての道は整備されていますが、結構急勾配なので、かなり息が切れました。

f:id:kehtapo1984:20181115165657j:plainf:id:kehtapo1984:20181115165715j:plain
こちらが二の丸や本丸や続いていく道です。11月ですが、暖かく天気も良かったのでかなり汗かきました。
この上にある城を攻め落とすのは相当に難したったであろうことが想像できます。難攻不落の天空の城と呼ばれていたことも頷けます。

f:id:kehtapo1984:20181115170100j:plain
上の道を登りきったところからの景色
ここまでだいたい30〜40分ぐらいかかっています。
f:id:kehtapo1984:20181115170212j:plain
これは二の丸の石垣だったかな

f:id:kehtapo1984:20181115170242j:plain
本丸からの景色
本丸には神社があります。
f:id:kehtapo1984:20181115170354j:plain

月山富田城跡のような城跡は、綺麗に残っている城よりもむしろ、浪漫を感じることができますね
人も少ないし、登るのは少し大変ですが、のんびりと景色を眺めながら、戦後時代に思いを馳せることができます。
足立美術館からもすぐなので歴史好きの方は訪れる価値ありだと思います^_^

島根へひとり旅 その① 足立美術館

少し時間ができたので、11月の1週目に一人で島根に旅行に行ってきました。
これまで、留学に一人で行ったことはあったのですが、ひとり旅はしたことがなかったので良い機会かと思い初ひとり旅に行くことにしました。
島根を選んだのは行ってみたかったのと、子供連れだと当分行けなさそうだったのと日本海に行きたかったのが理由です^^

そんなことで大阪から5時間ほど車を走らせて、まず向かったのは島根県安来市にある足立美術館です。日本一の庭園や横山大観のコレクションで有名な私設の美術館です。
f:id:kehtapo1984:20181115154905j:plain
結構大きな美術館で、平日でもたくさんの方が訪れていました。

公営の美術館ではないので入場料は2300円と少しお高めです。
f:id:kehtapo1984:20181115155613j:plain
2003年から庭園日本一に選ばれています。
f:id:kehtapo1984:20181115155830j:plain
庭園は6つのエリアに別れていて、こちらは枯山水

足立美術館を作った足立全康さんは庭園もまた一幅の絵画であるとして、大きなガラス越しに絵画のように鑑賞することができます。
かなり大きな庭園で、作るのはもちろん維持管理するのにも相当な労力がかかるのが伺いしれます。

f:id:kehtapo1984:20181115160419j:plain
庭園を眺められる喫茶室もあります。かなりお高めですが、場所代ですね^^
f:id:kehtapo1984:20181115160526j:plain

f:id:kehtapo1984:20181115160616j:plain
横山大観の絵画を参考に作られた、亀鶴の滝
撮影禁止でしたが、足立美術館が所蔵する横山大観のコレクションは質量ともに日本一と言われており必見です。

f:id:kehtapo1984:20181115160833j:plain
紅葉も始まっており、綺麗でした。

足立美術館はそのほかにも北大路魯山人の陶芸や、林義雄の童画などのコレクションがあります。
個人的には童画が可愛いえが多くて、みていて癒されましたので足立美術館を訪れた際は、童画にも注目してみてください。

1代でこれほどまでの美術館を作り上げた、足立全康さんは相当すごい人物だったのでしょうね
島根県東部を訪れたなら1度は訪れたい場所だと思いました。


公式ホームページ

www.adachi-museum.or.jp

焙煎工房シマノ 自家焙煎の豆を買うならここ

珈琲を喫茶店で飲むのも好きですが、時間があるときには家で豆を挽いて、ドリップして飲むのもそれほどお金をかけずにリッチな気分になれるので好きです。

 

コーヒー豆はどこでも手に入りますが、やはり少しこだわりたいもの

大阪狭山市にある焙煎工房シマノは30種類以上のスペシャリティコーヒーの生豆をその場で焙煎してくれるお店です。

f:id:kehtapo1984:20181102150314j:image

こちらが外観、310号線から少し入ったところにあります。近くには美味しい讃岐うどんをたべれる、「いってつ」があります。この日もうどんを食べてからこちらに来ました^_^

 

f:id:kehtapo1984:20181102150554j:image
f:id:kehtapo1984:20181102150602j:image

店内はコーヒーの生豆がずらりと、置かれています。それぞれ、甘さや酸味、苦味などが数字で表されていて、好みのコーヒーが見つけやすくなっています。

 

欲しい豆を注文すると、20分ほどで焙煎してくれます。

f:id:kehtapo1984:20181102150939j:image
f:id:kehtapo1984:20181102150935j:image

注文して待っている間には、日替わりで、コーヒーをいただくことができます。

この日はグアテマラのイエローブルボンでした。スッキリした酸味と苦味で飲みやすく、美味しかったです。

 

f:id:kehtapo1984:20181102151226j:image

テレビのとなりの人間国宝にも選ばれてますね

f:id:kehtapo1984:20181102151358j:image
f:id:kehtapo1984:20181102151354j:image

この日はインドネシアのマンデリンナチュラルを購入、苦味の中に甘味が感じられる美味しい珈琲で、珈琲の良い香りが部屋に満ちます。

 

焙煎工房シマノは珈琲好きにはたまらない、美味しい豆が手に入るお店です。珈琲好きは是非訪れてみてください。

 

 

 

 

関西初 シェイクシャック梅田阪神店

シェイクシャックはニューヨーク発祥のグルメバーガーのお店。

並ぶのが嫌いなニューヨーカーが行列を作る店として有名でした。1号店はマディソンスクエアにあります。

 

日本では東京の外苑いちょう並木店が1合店。2年ほど前に訪れたことがあるのですが、美しいいちょう並木の通りにあるロケーション抜群の店舗でかなり並んだ記憶があります。

 

そんなシェイクシャックが西日本に初上陸他ので、久しぶりに食べに行ってきました。

 

 

f:id:kehtapo1984:20181009152404j:plain

西日本初のシェイクシャックは梅田の阪神百貨店の1階にあります。

10時の開店と同時に伺いましたが、少し並んでいただけで、すぐにオーダーまで行きます。シェイクシャックの中では最大の席数だそうで、オーダーカウンターが3つなので列ができますが、中は混雑していません。

f:id:kehtapo1984:20181009152653j:plain

こちらはメニュー

グルメバーガーとしてはこんなもんかなという値段設定

f:id:kehtapo1984:20181009152811j:plain

ただワインはグラス1000円以上となかなかのお値段

ビールは頼んでる人多かったです。

f:id:kehtapo1984:20181009153009j:plain

f:id:kehtapo1984:20181009153020j:plain

お店の雰囲気です。一人用のカウンター席もあるので、お一人様でも入りやすいと思います。

f:id:kehtapo1984:20181009153108j:plain

赤ちゃん連れだったので、店員さんがささっとベビーチェアを持ってきてくれました^^

f:id:kehtapo1984:20181009154139j:plain

オーダーを終えたらこちらのブザーを持って席で待ちます。

だいたい10分もしないうちにブザーが鳴ったので、商品を取りに行きます。

f:id:kehtapo1984:20181009153206j:plain

注文したのはシャックバーガーのダブルとハンバーガ

ポテトがノーマルのとチーズを注文 サイズはスモールです。

ドリンクは季節のレモネード マンゴー味とバニラシェイク

 

f:id:kehtapo1984:20181009153217j:plain

シャックバーガーは思ったよりも小さいという話も聞きますが、ダブルだと食べ応え十分。アンガス牛が使われていますが、肉を食べていると実感できるおいしさ、赤身が使われているので、脂っこくはないですが食べ応えがあります。

野菜とバンズとのバランスも良く、グルメバーガーにありがちな「これどうやってたべんねん」と行ったこともなく、割と綺麗に食べれました。

ポテトは普通に美味しいポテトフライと言った感じ、チーズ入りだと結構お腹にきます。

f:id:kehtapo1984:20181009153226j:plain

シェイクシャックのレモネードはそれほど酸味も強くなく、好みの味だったのですが、今回は季節のレモネードを注文

爽やかな甘みが感じられるマンゴー味で美味しかったです。

シェイクは結構濃厚なお味でした。

 

 

久しぶりに食べたシェイクシャックはなかなか美味しかったです。以前の写真を見返したらほぼ今回と同じオーダーをしていて、好みは変わらないんだなと感じました^^

レシートを見返すと3600円ほどかかっているので、やはりそれなりに高いですが、味とお店の雰囲気からすると妥当かなと思います。

 

関西初のシェイクシャックはお店の規模も大きくそれほど待たずに、本場のグルメバーガを食べれるので、一度は訪れてみる価値があると思います。

 

お店情報

TEL 06-6147-8340

営業時間

[月〜日]
10:00~22:00 
(L.O.21:30)

日曜営業

定休日 阪神百貨店に準ずる

うずしお温泉 うめ丸で鯛フルコース 食事編

前回の記事

kehtapodiary.hatenablog.com

 

うめ丸では鯛のフルコースを予約していました。

鳴門は潮の流れが早く、美味しい鯛が獲れるので有名なので期待して予約していました^^

そのほかにも夏なら鱧、冬ならフグのプランなどがあるようです。

 

 

 

個人的には鯛はマグロより好きで、魚の中でも一番好きなので期待して夕食を待ちます。

 

f:id:kehtapo1984:20180828163514j:plain

夕食はロビー階の個室で、かなり広い個室なので、赤ちゃん連れには助かります。

3世代とかで宿泊されているファミリーにも良いのではないでしょうか?

 

f:id:kehtapo1984:20180828163633j:plain

こちらがお品書きです。

f:id:kehtapo1984:20180828163715j:plain

付き出しと酢の物です。

f:id:kehtapo1984:20180828163810j:plain

そして鯛の活け造り

ついさっきまで、泳いでいた鯛で、めちゃくちゃ動きます。

新鮮なだけあって、歯ごたえのある食感で身が引き締まっています。

真夏は鯛のベストシーズンではないですが、それでも美味しいです。

f:id:kehtapo1984:20180828164155j:plain

続いて天ぷら

かなり大きな海老で食べ応えがあります。

衣はサクッと中はプリプリっとした食感で美味しかったです。

f:id:kehtapo1984:20180828164504j:plain

こちらは薄造りです。

活け造りは豪快で良いですが、個人的には薄造りの方が食感のバランスがよくて好きです。

f:id:kehtapo1984:20180828164601j:plain

こちらは豪快な宝楽焼

鯛はシンプルに塩で味付で美味しく、サザエも新鮮で美味しかったです。

そして、淡路島の特産の玉ねぎがめちゃくちゃ甘みがあっていくらでも食べれそうな美味しさ

f:id:kehtapo1984:20180828164833j:plain

こちらはアラ煮

身はそれほどないですが、甘辛く煮た鯛は非常に柔らかく、美味しいです。

f:id:kehtapo1984:20180828165158j:plain

お吸い物にご飯

好みの炊き加減で美味しくいただきました。

大根の漬物が美味しかったです。

f:id:kehtapo1984:20180828165251j:plain

デザートはシャーベットにメロン

シャーベットは柚子だったかな

メロンは甘くて美味しかったです。

 

夕食の鯛のフルコースは豪快で見た目にも楽しく、美味しい鯛を様々な調理方法で食べられ満足でした。

広々とした個室で、子供連れのご家庭も気兼ねせずに夕食を食べられる点もグッド

料理が運ばれてくるタイミングも程よく、気持ちよく夕食を食べられました。

 

続いて翌日の朝食の紹介を

朝食は夕食とは違い、大きなフロアで食べます。

f:id:kehtapo1984:20180828165813j:plain

 

 

 朝もお品書きがあります。

f:id:kehtapo1984:20180828165826j:plain

さわらの塩焼きが個人的には美味しかったです。

豪華という訳ではないですが、それぞれ美味しく、量的にもちょうど良い朝食です。

f:id:kehtapo1984:20180828165839j:plain

ご飯は3種類から、選べセルフ式になってます。

私は雑穀米をいただきました。

 

チェックアウトは10:00なのでこの後少しお部屋でのんびりしてから帰路に着きました。

 

うめ丸は以前にテレビで紹介していて、知っていたのですが、今回赤ちゃんづれでも宿泊しやすそうな温泉旅館を探していて、条件に当てはまったので予約しました。

 

料理も美味しかったですが、貸切風呂があったり、夕食を広々とした個室で食べられるのは小さな子供づれにはよかったです。

子供の温泉デビューもできて良い思い出が作れました。

 

 


 

 

うずしお温泉 うめ丸 で鯛フルコース 施設編

祖母にひ孫を見せるために今治にいってきましたが、帰りは一気に移動をするのも疲れるため淡路島で一泊して来ようと思って宿を探しました。

9ヶ月の子供と温泉に一緒に入りたかっため、貸切風呂があるところと、夕食は個室で食べらるところという条件に当てはまったのが、今回お世話になったうめ丸さんでした。

 

うめ丸は淡路島の南部のうずしお温泉にある、温泉旅館です。

f:id:kehtapo1984:20180823161649j:plain

写真に写っている部分以外にも左右に建物が広がっています。

今はリニューアルされてますが昔は部屋数なんかも今より多かったのではないでしょうか

f:id:kehtapo1984:20180823155505j:plain

今回は子供も小さいので、和室を選びました。それぞれの部屋に名前が付いていて、千鳥という名前のお部屋でした。

f:id:kehtapo1984:20180823155607j:plain

お部屋はそれほど広くはありませんが、テレビがうまくディスプレイされておりまとまりがあります。

f:id:kehtapo1984:20180823155707j:plain

オーシャンビューのお部屋です。

f:id:kehtapo1984:20180823161540j:plain

お菓子とドリップコーヒー、お茶もありましたよ。

f:id:kehtapo1984:20180823155743j:plain

お風呂はありませんがトイレはウォシュレットのものがついてます。

 

事前に貸切風呂を予約していたので、5時からお風呂に向かいました。

フロントの方がタオルも用意して案内してくれます。

f:id:kehtapo1984:20180823160232j:plain

空と風の二つの貸切風呂があります。今回は空を利用させてもらいました。

f:id:kehtapo1984:20180823160334j:plain

コンパクトですが、オーシャンビューでなかなか雰囲気の良い貸切風呂です。

うずしお温泉は炭酸水素泉で美人の湯と言われており、かなりぬるぬるとした湯ざわりです。

掛け流しではありませんが、豊富にお湯が注がれており、とても気持ち良いお湯でした。赤ちゃんの肌にも優しい泉質だと思うので、温泉デビューにも良さそうです。

f:id:kehtapo1984:20180823160711j:plain

洗い場も二つあって便利ですね。

f:id:kehtapo1984:20180823160739j:plain

脱衣所も水が飲めたり、必要なものがしっかりと揃ってあります。

 

うめ丸には大浴場ももちろんあり、そちらは結構大きな大浴場で、露天風呂はオーシャンビューでなかなかよかったです。

f:id:kehtapo1984:20180823161322j:plain

こちらはホームページから転載した画像です。サウナもありました。

f:id:kehtapo1984:20180823161137j:plain

湯上がり処にはマッサージ機もあり無料で使用できます。

f:id:kehtapo1984:20180823161140j:plain

ロビー近くには足湯もありますよ。

f:id:kehtapo1984:20180823161814j:plain

ロビー階には子供が喜びそうなおもちゃ屋お菓子が売っているコーナーがありました。

f:id:kehtapo1984:20180823161818j:plain

ラウンジもあり、子供が遊べるキッズコーナーもありました。

滞在中あまり人がいるのは見かけませんでしたが、ラウンジからの眺めもなかなか良いですね

 

夏休みということもあり、3世代で訪れているお客さんも多かったですが、ファミリー向けにも色々工夫されており、過ごしやすい旅館だと感じました。ベッドのお部屋や露天風呂つきのお部屋もあり、様々なニーズに答えられる旅館だと思います

 

次回は料理編を書こうと思います^^

kehtapodiary.hatenablog.com